更年期から開放される術|サプリメントを摂取するべし

夫婦
このエントリーをはてなブックマークに追加

体の芯から温める

ウーマン

万病の素

身体が冷えることで、色々な病気にかかりやすくなります。これは免疫力の低下が原因です。体温が高ければ高いほど免疫力は活発化します。人が風邪をひいたときに発熱するのは、入ってきたウイルスや菌に対抗するためです。体温を上げて免疫力を高めウイルスを退治します。それほど体温は重要なのです。冷え症を改善するために必要なのは血流です。そこで血行を良くするためには日々の生活でちょっとした工夫が必要です。血流を促進させるためには筋肉量を上げる必要があります。筋肉は血液を送り出すポンプになるからです。適度な運動を毎日の生活に組み込むことが大事です。また体の内側から温める方法として体の芯から温まる食材を取ります。さらに末端を直接温める方法として足湯が効果的です。さらに効果的なのが体をほぐし温める半身浴になります。

同じ呼び名だけど

一般的に、男性より女性に冷え症が多いとされます。これには原因があり、女性のほうが筋肉量が少ないからです。体を温めているのは筋肉組織なので、体脂肪率が多い女性のほうが体が冷えやすいのです。また血流が需要になります。理由は手足の毛細血管に新鮮な血液が送られなくなることで代謝が落ちます。新鮮な栄養素や酸素がいきわたらないため、疲労物質がたまるからです。血流が悪くなることが冷えに通じるのです。「冷え性」と「冷え症」の二つの呼び名があります。冷え性は日常の運動不足や栄養が偏った食生活、生活習慣の乱れによって血行不良になることです。一方冷え症はストレスで自律神経が乱れ、特定の部分が冷える血管障害です。冷え性より冷え症のほうが症状は重いといえます。同じように扱われますが、この違いを知ることにより対処方法も変わってきます。冷え性は血行不良が原因なので、適度な運動をして栄養が整った食事をすればいいのです。また、血流を良くする成分の入った健康食品を取ることも効果的です。冷え症はストレスが原因なので、リラックス効果のある健康食品を摂取することで改善されます。